ケンジの気まぐれメモ帳

いつ書くか?、いつまで続けるか? も分からない。
「 開発日誌 or 家庭用ゲーム機 or 日常 」の事を適当に書くメモ帳の様な場所です。
それと、通販大好き人間(・_・;)。 ※ 実際にお店で見て商品を確認、ネットで注文。

何か質問等ありましたら、プロフィールのE-mailか、ブログにメッセージをどうぞ〜

※ ブログ内の画像SSの解像度は高くても、ファイルサイズ(容量)は、400kbyte以下です。
久々に旧自作ゲーム本体の登録更新&MechaStudio ( ToyStudio )

JUGEMテーマ:ゲーム

 

 

ずっとVector様に登録してある自作ゲームのゲーム本体を更新していませんでしたが、

結構見た目と内容が変わったので、2017年1月26日にゲーム本体の更新登録申請を行いました。

更新されるのは1週間以内だとは思います・・・と書いている1日経った今現在 ( 2017年1月27日 )

Vector様で既に更新登録されていました、あまりに早くてかなり驚きました、感謝(´・ω・`)

 

自作ゲーム自体はブログの右のメニューにあるMyHomePageのコンテンツにありますが、

AIを入れていないので、知人等とSkype等で集まって遊ぶことを想定していて

オンライン対戦 ( 1〜4人まで ) 遊べる状態のままです。

 

 

更新登録に使用したSSは、新キャラクター「 ユキネ(忍者) 」の調整中の時だったので

少し古いバージョンですが下記。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前Vector様に登録していた「 ver1.10 」と比較するとかなり内容は変更しており、

その中でも大きな変更点は、

 

 

・新キャラクター「 ユキネ ( 忍者 ) 」 の追加。

 詳細は、HomePageのコンテンツ内に置いているHelpファイル( pdf or xps )か

 ゲーム同梱のHelpファイル( pdf or xps )を参照してください。

 

・左右攻撃限定モードは、キャラクターの動作を通常2D格闘ゲームと同様の2D移動+吹き飛びへ変更。

 ※ 攻撃エフェクト自体は3D移動+3D当たり判定。

 ※ 全方位 ( 8方向 )対戦モードは今まで通り、3D移動+3D吹き飛び。

 

・全体的な動作を素早くし、アクションゲームから格闘ゲーム寄りのバランスへ変更、

 ジャンプ制御を柔軟にし後ろジャンプ等の移動制御可能、

 敵に囲まれた時用の退避行動のエスケープバースト追加、通常回避のバックステップの追加。

 ※ 最高速度へ達する時間、スキルの溜め時間&硬直等の大幅軽減と見直し。

 

・キャラクターのカラー選択を追加 ( 現時点では、各キャラクター毎に4種類ずつ )。

 

・対戦時にランダム要素を追加 ( 一部のステージトラップの出現位置やタイミング等がランダム )。

 

・オフライン対戦時とオンライン対戦時の動作をラグ遅延対策の誤差を無くしました。

 

 

 

 

上記以外の見えない部分でも変わった個人的な大きな点は、

 

3Dモデリング+テクスチャUV設定は以前のまま、「 Metasequoiaのver3系統 」ですが、

3Dのボーン組み込み、ウェイト設定、モーション作成のソフトを

「 RokDeborn2 ( free ) 」 → 

有料でも低価格な ( 自分の購入した時点で確か5000円程度 )「 MechaStudio ( ToyStudio ) 」へ変更

した点です。

 

 

MechaStudioの公式HP:

http://www.mechastudio.net/

 

 

実際に、今回の旧自作ゲームに追加した新キャラクターの「 ユキネ 」は、

キャラクターのボーン組み込み、ウェイト設定、モーション作成をMechaStudioを使用しています。

 

作業の流れは、Metasequoiaの3Dモデルを今まで通りデザインし、

MechaStudioへインポートして3Dモデルを読み込み、モーション作成等色々行い、

DirectXのXファイル形式で出力し、使用ライブラリの独自形式へ変換して使っています。

それ以外には、Unity4.7かバージョンは忘れましたが、3Dモデルを使った簡単なゲームを

テスト作成した時はFBXファイル形式出力で使用しました。

 

最後にSSを載せて今回の記事は終了となります。

 

・実際の作業中の画面

 

・ファイルインポート画面

 

・ファイルエクスポート画面

 

 

 

 

 

 

| KENJI | 開発日誌 | 21:30 | comments(0) | - | - | - |
遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

JUGEMテーマ:ゲーム

 

 

 

新年明けて1週間経ちそうな感じですが、新年、明けましておめでとうございますm(_ _)m。

今年も気まぐれで更新する予定ですので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

後、今回の記事カテゴリーが日常ではないのは、

自分のホームページ内に公開している旧自作ゲーム ( AI実装してないのでネット対戦4人用まで可能 ) を、

まだ遊んでくださっている方が、わずかながらもいらっしゃる様なので、

血迷ってひっそりと新キャラクターを実装してみたので、現在バランス調整中&ヘルプ用PDFを作成する

ところです(´・ω・`)。

公開は、まだもう少しかかりそうな感じです。

 

 

新キャラクター名;ユキネ

使用武器:基本は、クナイ( 2刀流 )ですが、技によって武器を持ち変えるタイプなので

     日本刀、爆弾3種類( 爆発系、毒霧 )、手裏剣等。

特徴:移動速度が速く、3段ジャンプ可能な忍。

   近接攻撃は隙が少なくHITすれば反撃は受けにくいが、リーチが短く空振りしやすい。

   消えてから攻撃する技や、特殊な設置系の爆弾&風魔手裏剣による固め技等を使う。

 

 

最後に、適当に技の一部等のスクリーンショットを複数公開で今回の記事は終了です。

 

 ・キャラアイコン、通常構えモーション

 

 

 ・技:触発爆殺花火、幻影地滑斬。

 

 

 ・技:幻影空襲斬、風魔手裏剣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| KENJI | 開発日誌 | 01:00 | comments(0) | - | - | - |
XboxOneで遊べる Xbox360下位互換タイトルが300本超えた?

JUGEMテーマ:ゲーム

 

 

関連記事:

 

 

XboxOneのxbox360下位互換の詳しい説明は、前回の記事に記載したので、そちら を参照してください。

( 前回の記事で、実際にXboxOneでXbox360下位互換対応ソフトの所有タイトルを12本程度

 動作して遊んでテストした動画等を置いてあります。L4D2や鉄拳タッグ2やロストオデッセイ等 )

 

 

まず初めに、実際の日本国内のXboxOneストアのXbox360下位互換ページの一覧画像が下記

※ 2016年12月19日現在:画像は大きめですが、容量は400kbyte以下の低容量で画質を落としてます。

 

    

 

ちなみに現時点で、Xbox360下位互換対応でもXboxOneストアの一覧に表示されていない

国内ソフトも有り、例を挙げると、ブルードラゴン( DL版発売開始したけど )、クラナド?、

L4D2 ( レフト4デッド2 ) 等は、普通に文字検索するとページは表示されます。

 

・ブルードラゴン

 

・クラナド

 

・キャサリン

 

 

 

そして最近、XboxOneのXbox360下位互換対応が一気に増えてきてる気はしていましたが、

XboxOneのXbox360下位互換タイトル300本超えた記念?

XboxOne or Xbox360のストアで、「 ロストオデッセイ : DL版 ( ディスクだと4枚組 ) 」 が

2016年12月31日迄の期間限定で、アカウントが、ゴールド or シルバーメンバー の どちらでも

無料でDL出来て貰える様です。

※ 但し、18歳以上確認の為かどうかは分かりませんが、XboxOne本体からのDLの場合は、

  ( 本体の設定の アカウントの支払い部分で追加と削除を簡単に設定できますが )

  Vプリカやクレジットカードの関連付けを一次的にしておかないと、

  XboxOne本体からDL出来ないかもしれません。

  DL後は、Vプリカ等の関連付けは、同様の操作ですぐ削除可能です。

 

ちなみに、XboxOneで遊ぶ ロストオデッセイは Xbox360の実機本体で遊ぶよりもかなり快適で、

・面倒なディスク1~4切り替えの必要も無い

・フレームレートも安定

・戦闘に入る時の長かったローディング時間もほぼ無くなった

ので、文句なしのXbox360下位互換の動作です。

 

 

XboxOneのストアの一覧ではなぜか表示されていないソフトも有りますが、下記の様に

ストアの文字検索で、「ロスト」と入れるだけでもすぐ表示されます。

 

実際のストアのロストオデッセイ

 

 

今回無料で貰えるロストオデッセイは、今遊んでもグラフィックが綺麗だと思えるゲームで

特に古き良きFF1~7位が好きな方であれば、特に楽しめそうな気がするので個人的にお薦めです。

 

自分自身は、ずっと所有して遊んでいなかったブルードラゴンを

今ようやくXboxOneのXbox360下位互換で快適に遊び始めましたが、

これもまた作ってるのがロストオデッセイと同じ有名な方なので、良い感じで楽しいです。

 

XboxOneのXbox360下位互換は、来年もまた期待できそうな感じで楽しみです(´・ω・`)。

 

では今回の記事はこれくらいで

 

 

| KENJI | xbox360本体&周辺機器 | 00:02 | comments(0) | - | - | - |
XboxOne の Xbox360下位互換ソフトの説明 2

JUGEMテーマ:ゲーム

 

関連記事:

2016年12月20日:  XboxOneで遊べる Xbox360下位互換タイトルが300本超えた?

 

 

 

 

 

XboxOne本体で、Xbox360の所有のゲームが遊べる互換アップデートが入ってから約1年経ち、

xbox360互換対応ゲームの数もかなり充実してたので、

今回は久々にXboxOneでの360互換についての 「 説明のおさらい 」と「 動作確認等 」です。

 ( ※所有している360互換ゲームの一部となる12本程度を動画でアップしたので紹介等 )

 

XboxOneのxbox360互換の詳細は、以前詳しく記載したので、こちらの記事 を参照してください。

 

 

そして、XboxOne本体の販売の期間限定のキャンペーン中の様 ( ※ 2016年10月15日現在 )で、

Xbox公式HP にも紹介されている通り、

XboxOne本体 ( HDD 500GB ) が、¥ 22,759 円( 税抜き )とかなり購入しやすい金額になっていて、

 

amazon ( ※ 2016年10月15日現在 )でも、

XboxOne本体 ( HDD 500GB、Halo TMCC同梱版の新パッケージ )

こちらは税込みでも ¥ 23,462円( 税込み )となっています。

後、現時点では最新のBF1同梱のXboxOne本体もほぼ同じ値段なので安すぎるような気がします(;´・ω・)。

 

 

 

 

ではおさらいを兼ねて、

■ XboxOneでのXbox360互換ゲームの説明

 

 ・XboxOne本体でXboxOneのコントローラーで、Xbox360のゲーム ( 追加DLCも ) が遊べる。

  ※ レンタルではないので、xbox360互換対応ゲームを所有 ( ディスク版 or DL版どちらでも )

    していれば、追加でお金はかからない

  ※ 全てのxbox360のゲームが遊べるわけではなく、xbox360の互換対応ゲームに限りますが、

    毎月徐々に追加されていて、既に100数十本は超えていて多すぎるので、

    下記のSSの様に、XboxOneのストア内のxbox360互換ページで確認が推奨。

    ※ 一部、ディスク4枚組のロストオデッセイや、海外専用ゲームは国内のストア内にはありません。

  

 

 

 ・xbox360互換ゲームは、XboxOneのストア内からDLする形で、初回はインターネットが必須。

 

   xbox360互換ゲームのディスク版を所有:

     XboxOne本体に、xbox360のディスクを入れると、自動的にXboxOneの規定のHDDへ

     xbox360互換ゲームの DL & インストールを行ってくれる。

     ※ xbox360互換ゲーム起動時に、ディスク認証の為にディスクの挿入が必要。

 

   xbox360互換ゲームのDL版を所有:

     XboxOne本体を起動して、所有アカウントで普通にサインインしていれば

     「 XboxOneのマイコレクション → ダウンロードできます 」の項目に、

     xbox360互換ゲームのアイコンが自動的に表示されているはずなので、

     アイコンを選択してインストールを選択すると、上記同様に DL & インストール開始。

     ※ xbox360互換ゲーム起動時でも、アカウント紐付けされているので起動認証はありません。

 

 

 ・xbox360互換ゲームは、普通のxbox360本体で遊んでいる人ともオンライン協力&対戦が遊べる。

  ※ XboxOneのフレンド登録 ( フォロワー形式 )ではなく、Xbox360システム内のフレンド登録を

    行わないと、xbox360互換ゲームへのフレンドの招待が出来ないのでその点は注意。

  ※ オンライン協力&対戦を行う場合は、ゴールドメンバーシップ( 12か月で約5,000円位? )が必要。

    ただし、ゴールドメンバーシップに加入していると、毎月XboxOneで2本、Xbox360で2本 の

    合計4本の無料でゲームが貰える ( 貰った無料のゲームは機種により違いがあり、

    XboxOneではゴールドメンバー加入してる期間ならずっと遊べる、

    Xbox360では未課金状態のシルバーメンバーシップに戻っても遊べる ) ので、

    入っておいた方が得をする気がします。

 

 

 ・xbox360互換ゲームの一部は、XboxOne本体で遊ぶ方が、フレームレート改善、ロード時間短縮、

  ポップアップ表示改善等で、ゲーム自体が快適になっている場合もある。

  ※ 一例を上げると、レッドデッドリデンプション( フレームレートとポップアップ改善 )、

    ロストオデッセイ ( 戦闘前の長いロード時間がほぼ無くなり快適 )、

    Halo Reach ( 最近のアップデート後、フレームレート改善 )、 COD BO1 ( フレームレート改善 )等。

  ※ 現時点で、一部処理落ちがひどくなっているゲームもありますが ( クレイジータクシー等 )、

    ゲームによっては勝手にアップデートが入り、Halo Reachの様にいきなり改善される事もあります。

 

 

 ・XboxOneで、xbox360互換ゲームを遊んでいる時に、xbox360のシステムメニューを開く為には、

  ( XboxOneコントローラーの真ん中の大きいXボタンの左右にある )

  ビューボタン + メニューボタン を同時に押す。

  ※ 主に、xbox360互換ゲームでのオンライン協力&対戦のゲームの招待を受けた時や、

    xbox360のシステム内でのフレンド登録をするのに使用。 

 

 

 ・XboxOneのストア内で週間セール ( DL版 ) が毎週ある ( 毎週火曜日の夜19時頃?更新 ) ので、

  XboxOneのゲームだけではなく、xbox360のゲームもセール対象なので、

  その時に欲しいxbox360互換ソフトがあれば、かなり安く購入できる事が多い。

  ※ セールで、xbox360互換ゲームは安い時は、1000円以下でも買える事も多い。

  

 

  

 

 XboxOneのxbox360互換で覚えておいたほうが良いと思うのはだいたい以上だと思うので、

 説明はこれで終了です。

 

 

 

 

■ XboxOneでのXbox360互換ゲームの動作確認の動画等

 

  ※ COD2、COD3、COD BO1、ベヨネッタ等もxbox360互換は着ていますが、

    自分の手元にないのでそれらは今回動画に含まれていません。

 

 

 ◎ 今回の動画で確認したxbox360互換ゲーム12本と再生時間のリストは下記。

   動画内にも文章で一部説明を入れています

 

・Left4Dead2           00:52 〜 08:30
・ロストオデッセイ         08:38 〜 21:56
・鉄拳タッグトーナメント2      22:03 〜 26:12
・レッドデッドリデンプション      26:20 〜 37:20
・ギアーズオブウォー3        37:29 〜 44:50
・餓狼 MOW              44:57 〜 48:52
・KOF98UM            48:56 〜 53:49
・ネオジオバトルコロシアム     53:55 〜 57:10
・ぐわんげ               57:12 〜 01:00:38
・斑鳩                 01:00:43 〜 01:04:50
・メタルスラッグ3          01:04:57 〜 01:08:03
・ダンジョン&ドラゴンズ      01:08:10 〜 01:13:12
 Chronicles of Mystara ( 海外版)

 

   

 

 

  では、今回の記事はこれくらいで、お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

| KENJI | XboxOne本体&周辺機器 | 23:58 | comments(0) | - | - | - |
windows10 大型アップデート ( 2016年8月3日 ) インストール完了

JUGEMテーマ:パソコン

 

 

 

関連記事:
 

● Windows10 へのアップグレード

「ノートPC & デスクトップPC を Windows10 Pro へアップグレード」


● ノートPC系
2014年04月22日
「 ノートPC を Windows8.1 Pro へアップデート ( VAIO E : 2010年10月モデル )
2012年02月21日
「 VAIO E のシステムリカバリーをせず、OS ( win7 )のインストール

 

●デスクトップPC系
2011年07月27日
「 自作PC完成 ( 3D性能等パフォーマンス等のチェック )

 

 

 

 

■ 前置き

 

windows10 Anniversary Update ( 2016年8月2日版、開発コード名:RS1 )

自分のノートPCを手動アップデートでデスクトップPCをクリーンインストールで

アップデート&インストールを行いました。

今回の記事は、大型アップデートの手動アップデートの手順と注意点、

アップデート後の注意点と気になる点等と個人的な感想をになります。

 

本来は、設定 ⇒ 更新とセキュリティ ⇒ 更新プログラムのチェック の

通常のアップデートで表示されるまで待つべきだと思いますが、

OSのクリーンインストールや、早く更新をして試したい場合、自己責任で手動でアップデートする事も可能です。

 

ちなみに約1週間近く使ってみましたが、今の所は前回の大型アップデートのTH2よりも安定してそうな感じです。

※ 前回のTH2の時は、Windows起動直後、スタートメニューがなぜか表示&使えないバグ等があったけれど

  今回のはそういうのは特に見当たらなさそうです。

 

 

それと蛇足で、家庭用ゲーム機のXboxOneも同時(2016年8月2日)に夏の大型アップデートが有り、

システムやUIの改善やWindows10との連携(UWP:ユニバーサルWindowsプラットフォーム等)が強化

UWPについては、窓の杜様の記事が分かりやすく

http://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/win10useful/755280.html

 

 

 

◎所有PC の 各スペック と OS

 【 ノートPC : VAIO E ( 2010年10月モデル )  】

・ディスプレイ : 15.5型ワイド  1920×1080 ドット ( Full HD 1080 )
・CPU : Core i3-370M ( 2.4GB、HT有り、ターボブーストなし )
・Memory : 4GB ( 2GB×2、PC3-8500 ( 1066MHZ )、DDR3 SDRAM )
・Graphics: ATI Mobility Radeon HD 5650 ( VRAM 1GB )
・HDD:  500GB ( 5400回転/分 )
・Drive : DVDスーパーマルチドライブ
・OS : Windows 7 Pro ( 64bit、クリーンインストール ) → Windows 8 Pro ( アップグレード版 )
    → Windows 8.1 Pro ( アップデート ) → Windows 10 Pro ( アップグレード )
 
 【 デスクトップPC 】
APU ( CPU / GPU統合プロセッサ : Llano ) : AMD  A8-3850
( Core数:4、動作:2.9GHz、内臓GPU:Radeon HD 6550D )
・Memory : 8GB ( 4GB×2)、DDR3 SDRAM、PC3-12800 ( 1600MHZ )
・Graphics: AMD Radeon HD 6850 ( VRAM 2GB )
・HDD : 2TB ( Serial ATA 接続3.0  6Gb/s、cache 64MB )
・Drive:BDスーパーマルチドライブ
・Video Capture:サンコー  HDMVC4UC ( PCI-E 接続 )
・OS : Windows7 Pro ( 64bit ) → Windows 10 Pro ( アップグレード )

 

 

 

■ Windows10 RS1の手動アップデートの手順と注意事項

 

 あくまで手動アップデートを行う場合の注意事項になりますが、
 

 ・手動アップデートの場合を行う直前に、セキュリティソフトを1度 無効化 or アンインストール。

 ・念のために、システムのバックアップを取っておく。

 

 ※ 前置きで記載した、デスクトップPCがクリーンインストールの件には理由が有り、

   手動でアップデートをする直前にインターネット総合セキュリティソフト( 自分のは、ESET )を

   1度アンインストールか無効化せずにアップデートを行うと、自分の環境では、

   アップデートが途中の75%辺りで全く進まなくなり、強制的に電源を落とすと

   結構古い復旧データまでロールバックしてしまったので、クリーンインストールを決断。

   ノートPCはそれに気づいた後日に、手動で大型アップデートを適応したので正常にアップデート完了

   おそらく自動的に出来る通常アップデートの場合は、この様な事はないかと思います。

 

 

( ◎ もし、最新OSをクリーンインストールしたい場合   )

  先に、下記のマイクロソフトのHPから直接ツールをDLして、そのツールで

  最新のWindows10 RS1のディスクイメージをDLし、DVD等に書き込んで、

  PC電源入れた直後F12を連打押して起動メニューを表示し、ディスクから起動させ、

  そこからクリーンインストール ( 手動でパーティション区切りとかフォーマットを行える)。

  http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10 

 

 

 

◎ 手動アップデートの手順

  

 ・スタート ⇒ 設定 ⇒ システム ⇒ バージョン情報 で、

  Windows の現在のバージョンを確認する。

   今回の大型アップデートのRS1バージョンは、バージョン:1607、OSビルド:14393なので、

   同等ならすでに最新アップデート済みですが、

   下記の様な場合は、まだ前古いOSのバージョン。

   

 

   RS1更新後のOSバージョンは下記のSS

   

 

 

 ・スタート ⇒ 設定 ⇒ 更新とセキュリティ ⇒ Windows Update で、

  更新プログラムのチェックを押す。
   現在が古いバージョンで更新チェックをしても最新と出る場合、

   まだ自動的なアップデートが来ていないので、

   手動でアップデートをする場合は、下記のSSの詳細情報の所をクリック。

   ※ ここの更新プログラムのチェックで、RS1のアップデートが来て表示されて

     自動的にアップデートが出来る様であれば、下記の様な手動更新する手間が省けます。

   

 

   上記で詳細情報の場所をクリックした場合、マイクロソフトのHPがブラウザで開くので

   そこから下記のSSの様に、アップデートツールをDLする

   

 

 

 ・DLしたアップデートツールを実行し、今すぐ更新を選択。

  ※ 重要なので再度書きますが、この時点でセキュリティソフトを1度 無効 or アンインストールしておく。

   

  

   自動的に互換性のチェックが行われるので、次へを選択。

   

 

   後は下記のSSの様に、自動的に手動でのアップデートが更新されるので放置するだけ。

   

 

 

 

■ Windows10 RS1のアップデート後の注意事項と

  気になる点とSS等

 

◎ 無事に大型アップデート完了と思いきや、注意すべき点がいくつか有ります。

 

 ・( Microsoft アカウントで、Windows10をログインしている場合、システムの設定によっては、

   クラウドでシステム設定を保存し、OS再インストール時でも自動的に同期し設定を戻してくれるが )

  設定に新しい項目が追加されていたり、アプリの動作関連付け設定(ブラウザ等)の一部が変更されていたり、

  ネットワークの設定のwifi部分でデフォルトでオープンスポットへの接続が有効になっていたり、

  バックグラウンドアプリの動作の一部がデフォルトになっていたりするので、

  設定部分を全体的に再確認しておくべきだと思います。

 

  特に、スタート ⇒ 設定 ⇒ プライバシー ⇒ バックグラウンドアプリは、

  下記のSS様に、かなりオン or オフ のアプリが以前より多く細かく出来る様なので、

  必要最低限以外はオフにしておく方が、裏で動作しないので軽いです。

  

 

  それと、スタート ⇒ 設定 ⇒ ネットワークとインターネット ⇒ Wi-Fi で、

  デフォルトで自動的に周辺の無料オープンスポットにつながる設定になっていたので

  ノートPCやタブレットでwifiを自宅で使用している場合等でも一応注意すべきかと思います。

  自分の場合は、別PCやルーターのHDD等へのファイルの共有やワークグループの設定も特に

  無効化しているので余り影響はないかもしれませんが、念の為設定をオフに変更しました。

  ※ たまたま自宅で、ノートPCでメールチェックをしていると、総合セキュリティソフトから

    現在のネットワークは自宅等ですか?の本以前設定済みの場合、表示されないメッセージが

    再度出てきたので、初めはバグかな?と思いつつ、一応Wi-Fi接続の電波を確認してみると、

    自分の自宅のネットワークがたまたま切断状態で、いきなりセキュリティ保護なしの

    オープンスポットに自動接続で切り替わって接続されていたので、驚きました。

   

 

 

 ・( ドライバ自体、自動でインストールされる物が多いので、特に問題ないと思うけれど )

  署名のないドライバが無効化 or アンインストール?されている場合は、ドライバの再インストール。

  ※ 自分の環境では、特に消えているドライバは無かったです。

 

 

 

◎ 最後に、気になる点等SS付きで少しと感想。

 

 ・スタート ⇒ 設定 ⇒ 個人用設定 ⇒ 色 で、

  Windows10アプリのアプリの背景の色の変更は個人的に気に入っています。

  黒の方が眩しくなく、目に優しい感じがします。

  

 

 

 ・スタートメニューの全てのアプリがデフォルトで一覧表示される様になったのと、

  スタートメニュー自体が表示されないバグも無くなった様で、とてもメニュー表示も軽いので、

  良い感じです。

  

 

 

 ・自分のノートPCのVAIOの場合、

  AMD RadeonHDグラフィックドライバや、ノートPCバッテリー管理ソフトは、

  VAIOプリインストールのWindows7 Proの時は、VAIO側の企業からの提供のみだったのが、

  今の所、Windows 10では、下記の様に普通にAMD製ドライバとMicrosoftのOSにあるバッテリー管理が

  動作している様なので安心してノートPCを使用出来ています。

  

 

  念の為、自分のVAIOのシステム情報のSSは下記

  

 

  自作デスクトップPCのシステム情報のSSは下記

  

 

 

 

 ◎ Windows10 RS1 のアップデート後の個人的な感想

 

   約1週間普通に使用していますが、特に動作が不安定や動かなくなったソフト等もなく、

   何の問題もなしで、ノートPCもデスクトップPCも今まで通り動作しています。

   Windows10自体、アップデート前でも十分処理が軽かったのですが、

   アップデート後は更に、裏で何も動作していないのか以前よりもHDD自体への無駄なアクセスが

   減っているような感じがします( バックグラウンドアプリの動作設定でオフに出来るアプリが

   以前より増えた為?か分かりませんが )。

  

  それと、画面一番下の右端にあるタスクバーの通知アイコンで通知件数が表示され分かりやすく、

  気付きやすくなって良い感じです。

  

  なので、全体的に見て今回のアップデートは満足しています。

  以上、今回はこれくらいで。

 

 

 

 

 

 

| KENJI | PC関連 | 01:15 | comments(0) | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
  訪れた方 :  名様

+ PROFILE
HN : ケンジ



xbox ID: SelectKenji
PlayStation ID: SelectKenji
フレンド登録は、お気軽に〜

問い合わせ等は、下記のメールへどうぞ。
kenji_arikitari@hotmail.co.jp